--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/24 18:26

Jae-P's HOUSE 

"ni de aqui ni de alla"のPVに出てくるほとんどのシーンは、Watts地区にあるJae-Pの実家(今現在は住んでいない)、もしくはその周辺で撮影されているのはご存知のとおり。

20060824181745.jpg
アイロンをかけるJP

20060824181800.jpg
PVでもハンモックに横になってくつろいでいる実の父PANCHITO

この家の中にはホームスタジオがあり、食事、風呂、便所、仕事、遊び以外の時間はだいたい机にむかって黙々と作業している。
壁にはポスターや取材の記事が貼り付けてあり、10万枚以上のセールスを記録した時の記念品も壁にかかっている。

20060824181254.jpg
"ni de aqui ni de alla"

20060824181314.jpg
"ESPERANZA"

IMG_0135.jpg
JPの幼少の頃のブーツ

TVの棚には今までTVにでたものを録画したビデオが並んでいる。
Jae-Pはラップするのはもちらん大好きだが、自分でビートを作るのも大好きだ。
この日も朝からビートつくりに励んでいた。
そんなJae-Pの家の様子と作業しているJae-P。
20060824181529.jpg20060824181548.jpg20060824181612.jpg
スポンサーサイト

[2006/08/24 18:26] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/22 17:36

Recording  

この日Jae-PはプロデューサーHen-Gに呼ばれ、ハリウッドにあるスタジオでレコーディングをすることとなった。
集まったのは黒人、日本人、白人、メキシカンとカラーは多彩。ワールドワイドな面子で行われた。

今回ラップするテーマは(Baby)について。。。
各自思い思いのままにビートにのせてラップをかましていた。
まずは一番手Jae-Pが英語で軽快にラップを披露する。
それに勉強中の日本語もおりまぜてラップし、”あなたへの気持ちは変わらない”というフレーズでバースを終わらした。
次回日本でショーをするときは、日本語もとりいれてラップしてくれることでしょう。
楽しみですね....

ちなみに写真に写っているHen-Gは、Ice-T, Frostと同じライムシンジケートのオリジナルメンバー。
彼はチカーノラッパーとも仲がよくスパニッシュも話します。
20060822173443.jpg20060822173458.jpg20060822173511.jpg

[2006/08/22 17:36] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/20 19:24

Recording 

1年ほど前からここエンジェルハウススタジオではクエーテのニューアルバムの準備が着々と進められていたが、ついに最終段階に差し掛かり一応全曲のレコーディングが終了した!
準備が整い次第すぐにでもリリースする予定でそれと共にDVDも製作中。
何かと動きに期待できそうだ。
このスタジオは、名古屋FIRMEZA代表 El Latino氏のニューアルバム"South Side Style"の"L.A.cruising","Japan to H.A."の収録も行われた場所だ。
今回のクエーテのニューアルバムには"Japan to H.A.”も収録されている。

IMG_0341.jpg
angelhouse studio&CUETE

IMG_0351.jpg
angelhouse studioのエンジェル

IMG_0350.jpg
CUETE YESKA

IMG_0346.jpg
CUETE&EL LATINO

今回のレコーディングはその"SOUTH SIDE STYLE"の4曲めに収録されている"BABY GIRL" にクエーテのホームボーイDEUCE等をフィーチャーし、リミックスを製作するというもの。
今回はCuete,Deuceの二人がレコーディングした。ちなみにDeuceはBaby girlのクエーテのリリックにも登場する。
トークボックスがうねる哀愁漂うトラックにのせるフローは哀愁漂う甘いフロー。
レコーディングルームを真っ暗にしてクエーテの"BABY GIRL"に語りかけるかのようにして気持ちを込めて歌っていた...
baby girl Gangsta need love too......
この曲は出来上がり次第、El Latino氏にも届く予定。
またこちらの曲power106で流したいとも言っている。
今後がどんな展開になるのかが非常に楽しみだ。

3.jpg1.jpg

写真Angel house studioのオーナーでもあり、クエーテのトラックメーカーでもあるDrewK,ホームボーイのDeuce.

2.jpg


[2006/08/20 19:24] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/19 16:39

PV Shooting 

サードアルバムからの先行シングルのタイトルは”Vecino”。
日本語に訳すと”この辺の近所”ってところですかね。
もう聞きましたでしょうか?

その時の撮影の様子です。ほとんどのシーンがL.A.ダウンタウン付近で撮影していました。

PICT0654-1.jpgPICT0660.jpgPICT0655-1.jpgPICT0664.jpg


ゲトーでありストリートな感じが伝わってくる1枚目のアルバム”ni de aqui ni de ala"、
より音楽性を重視した”latino unidos"を含む2枚目のアルバム”Esperanza"に引き続き、ついにサードアルバム"Pa mi raza"が出ました!!
今度のアルバムもビートはbrizz productionが手がけ、前回よりも暗く怪しい雰囲気のトラックにのせて、Jae-Pの高まった感情が爆発します!今回のフロウもやばいです。


5927902_129.jpgPICT0670_800.jpgPICT0672_800.jpg

[2006/08/19 16:39] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/17 20:11

HOOD TIMES 

HOOD TIMES
-なかなか立ち入れない深い所からの情報-
Picture & Writing by Ko-G

今回から始まったKo-Gによる"HOOD TIMES"!!!
かなりDOPEでDEEPな-なかなか立ち入れない深い所からの情報-を届けていきます。
*mix○でも掲載されていますのでやられている方はそちらにも参加してやってください。キーワードはJae-P, Cuete, URBAN KINGSです。宜しく!!!

ここでKo-Gの紹介を...
ただいま海外でサヴァイブ中のRAPPER Ko-G
EL LATINO 1st ALBUMでも2曲参加
日本と海外の橋渡しをする漢 Ko-G DA BRIGGE!!
以上!

という訳でこれからCHECK宜しく!!

CON SAFOS
SUR PARQUE X3 HEFE

[2006/08/17 20:11] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/17 19:02

アーバンキングスプロフィール 

アメリカは西海岸カリフォルニア州ロサンゼルスに事務所を構え、独自の路線で英語ラップとスパニッシュラップの両方を打ち出すチカーノレーベル "アーバンキングス”
アーバンキングスからホームページのご紹介。こちらではアーバンキングスからリリースするアーティストの曲紹介とアーティストのビデオ紹介をしています。
#全アルバム試聴可能です。http://www.urbankingsinc.com/のサイトから。
<アルバムを視聴する場合>
[UK-CD's]
と書いてあるところをクリックし、曲を選んでください。
<ビデオ映像を見る場合>
[media]
と書いてあるところをクリックし、映像を選んでください。
愛知県名古屋市にあるCHOLO STYLEショップ"FIRMEZA", 豊橋市にある2号店"EME"では、[正規アーバンキングスジャパン]として商品を幅広く取り揃えています!!!まずはこちらのお店で音源をチェックしてみてください!!

また音楽制作だけではなくチカーノ全般に関する商品
チカーノラップCDs,
オールディーズCDs,
チカーノDVDs,
マガジン
California life styleのT-shirtsを扱っており、一般向けの販売と卸の販売をしています。
全て写真つきで載っているんでhttp://www.gangstawithit.com/まで覗いてみてください。
アーバンキングスに掲載している商品購入に関するお問い合わせ、卸に関するお問い合わせは urbankings81@yahoo.co.jp へ日本語で気軽にどうぞ。

このHOOD TIMESではアーバンキングスに絡んだ内容を中心に情報をよせていきたいと思っています。
アーバンキングスに所属するラッパーはすべてメキシコ系アメリカ生まれのチカーノラッパーたちであり、専属のラッパーは
Mr.VIC
111_1s_24.jpg


Ms. CRAZY
102_1s_43.jpg


mal hablado
103_1s_38.jpg

等が所属している。
Absivo,La sinfonia,sweepy G,等、数多くのチカーノラッパーたちがurbankingsからの作品に参加している。
アーティストは音楽性を大事にした、ストリートよりの音楽を提供しており、ハードコアなラップからメローなラップまでと打ち出すスタイルも幅も広い。
最近は日本人が好むような音を研究し、日本で受け入れられるように意識しつつ、製作に取り掛かっている。
創設から6年がたったが、その勢いは拡大する一方。
ストリート音楽業界の同業者たちと幅広く繋がっているため今後も新しい展開に期待できそうだ。

そんなアーバンキングスに関する情報を告知していきたいと思っています。

アーバンキングスって何??と初めて耳にする人は思うことでしょう!
そういった方たちに少しでもわかってもらえるよう、まずは"アーバンキングスといえばこれでしょう!!"ていう主力の15枚を掲載しておきます!
これでみなさんがアーティストの名前を少しでも覚えてもらえると幸いです。
コレクター魂に火がついてしまい、全作品集めてもらうのも大変結構です。

5972720_12.jpg


[2006/08/17 19:02] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/17 18:40

Cueteプロフィール 

California州 Los angels redondo beach 出身のチカーノラッパー
Cuete Yeska!!!
official web http//www.cuetejames.com
シーンに登場したのは2000年、"Hit Squad"としてデビューしアルバム"The World Is "R's"をリリース.
クエーテはこのアルバムでRoughでHardCoreなGangsta Styleをストリートに知らしめた。
その後"wicked minds"というグループでも活動し4枚以上のアルバムに参加、その間にも"hit squad"として"round towne music compilation"にも参加している。
グループで活動した後、仲間とひともんちゃくあり、ソロとしての活動を決意。
ファーストアルバム"Sound of Violence"ではラティーノの重鎮 Lil rob, Don siscoらをフィーチャーしストリートの間で話題となり16000枚を売り上げた。

クエーテのエネルギッシュなステージングはストリートキッズ達を魅了する。
カリフォルニアだけに留まらず、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、ネバタ、ワシントン、オレゴン、ユタ等、アメリカ各地でライブをしてまわり,持ち味であるエネルギッシュなパーフォーマンスでKids達から熱い支持を得ている。
また、海外での遠征ライブにも大変に興味を持っており、アメリカ以外の国で、ライブをすることも望んでいる。次に行く場所は日本だというクエーテは日本でライブする計画を着々と立てている。 とりまく諸問題を抱えてはいるが、クリアできれば日本でのライブは現実となるであろう。
これまでに、Snoop Dogg, DJ Quik, Too Short, Ludacris, Suga Free, Warren G, Mack 10, Brenton Wood, Lil Rob, NB Ridaz,等の大物アーティストのフロントアクトもこなしたり、Lil Rob, Knightowl, NB Ridaz, Lighter Shade Of Brown, ALT, Lil Blacky, Spanky Loco , Eriq, and Youngsterらともコラボレーションしたりと、他のアーティストとも幅広く交流を深めている。
今後も支えてくれるファンのためにこのまま進み続け、Southern CaliforniaのLatino hip-hopを前面に押し上げていくという意気込みだ。
C6_2.jpgPICT0973_2.jpgC4_2.jpg

[2006/08/17 18:40] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/17 17:54

JPプロフィール 

アメリカ Los Angels サウスセントラルワッツ地区出身のラッパー。
巨大企業グループunivisionグループのunivision recordsに所属する。
若干22歳と若いが、すでに三枚のアルバムをリリースしており、ラップはスペイン語でも英語でもできるバイリンガルラッパー。
今までの作品はほぼスペイン語でラップしており、内容は特に同じ種族ラティーノ社会が抱える問題についてラップしている。
Jae-Pはそのリリックで年代をこえてアメリカ中に住むラティーノたちを共感させ多くの支持をえている。
また、スパニッシュでラップしているので、アメリカだけではなく、国境を超えた南アメリカへも響きわたり、同じ言葉を理解するラティーノたちにも熱く支持されている。
Jae-Pの音楽は、現代のラップミュージックとメキシコの伝統であるリージョナルな音楽を組み合わせた新しいラップの体系であり、アーバンリージョナルミュージックと呼ばれ,チカーノラップ、ギャングスタラップとは一味違ったスタイルをうちだしている。
これまでリリースされているアルバム全てのアルバムのビートを手掛けるのはbrizz production。これにJae-pの的確なフローがばっちりはまる最強のコンビネーションでウェストサイ好きからメキシコ好きまで幅広いファンを魅了している。
FIRMEZA presentsで2006年の2月に来日を果たし、千葉、横浜、福井、京都、広島、名古屋の6箇所でパフォーマンスを披露し、クラブにかけよった日本のファンたちから盛大な歓声をあびた。Jae-P日本ツアーに関する様子はこちらまで。
大満足のいく日本のツアーの影響もあったのか本人はかなりの親日家であり、今も必死に日本語を勉強中。よくリトル東京へカレーうどんを食べに行く大の日本食好き。
CIMG1645.jpg

カレーうどんを食べるJP

将来は日本人と結婚したいとも言っている。
さらに酔っ払うと俺は半分日本人だとも言い出すとてつもない日本大好きメキシカン。
来年にはまた日本へ行く気満々なんでその時のパフォーマンスは日本語が頻繁にとびだすかも!
というわけで、今後もJae-Pをみなさんで暖かく見守っていきましょう。サポートを宜しく!!

HOUSE OF BLUES L.A. 05' Mar 27

HOUSE OF BLUES L.A. 05’ Mar 27

[2006/08/17 17:54] HOOD TIMES | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。